ペットボトルとカルピスで簡単に作れるスズメバチトラップ(捕獲器)

スズメバチトラップの画像2

GWも終わり随分と暖かく(・・・というよりは暑くww)なってきましたが、我が家ではこのくらいの時季になると庭先などで巨大なスズメバチと遭遇することが良くあります。そのため、毎年我が家ではスズメバチ対策として「スズメバチトラップ(捕獲器)」というものを設置することが恒例となっているのですが、今回はこの「スズメバチトラップ」について少しご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スズメバチトラップとは?

スズメバチトラップとは、誘引剤等を利用してスズメバチを誘き寄せ捕獲するための捕獲器のことです。現在では、各メーカーから「ハチ激取れ」とか「スズメバチバスター」といった商品名で製品化されたものが販売されていますが、一昔前は「スズメバチホイホイ」などといった名前でペットボトルを材料にして自作するのが一般的でした。

私も、初めて知り合いから教えてもらった時にはあまりにも簡単な作りに「ホントにこんなもん(失礼ww)で獲れるの?」と思ったほどでした。

スズメバチトラップの画像1

スズメバチトラップを設置する時期

スズメバチトラップは、設置する時期を間違えてしまうとかえって危険を招いてしまうこともありますので設置する時期には注意が必要です。では、スズメバチトラップはいったいいつ頃に設置するのが良いのでしょうか?それには、スズメバチの生態が大きく関係してきます。

まず、スズメバチにとっての一年の始まりは4月の下旬頃から5月のはじめ頃と言われています。それは、この頃になると越冬を終えた女王蜂が巣作りのために行動を始める時季だからです。そのため、越冬明けの女王蜂を捕獲することを考えると3月の下旬頃から4月の上旬頃を目安に捕獲器を設置しておくと効果的ですね。

しかし、7月頃からは働き蜂が増え始めるので捕獲器をそのままにしていると、多くの働き蜂を呼び寄せてしまうことになりかえって危険を招くことにもなりかねません。そのため、6月頃には捕獲器を撤収しておいた方が良いでしょう。

私は、比較的蜂達の行動の少ない夜間の時間帯や雨の日を狙って撤収作業をしています。また、捕獲器の撤収や処分をする際は、危険ですので捕獲器の中の蜂が確実に死んでいるのを確認してから作業を行ってくださいね。そして、たとえ蜂が死んでいても、死んで間もない蜂は触れるだけで毒針が飛び出したりすることもありますので、思わぬケガをしないように手袋を装着するなどの対策をして作業をすることをオススメします。

スズメバチトラップの作り方

用意する物

今回は、以下のような物を利用して「スズメバチトラップ」を作ってみました。

スズメバチトラップの画像5

  • ペットボトル(2リットルのもの)
  • 巨峰カルピスの原液
  • 針金(線径2.0mm程度のもの)
  • カッターナイフ
  • ペンチ
  • 電動ドリル
  • スケール
  • マジックペン

スズメバチが入るための入口を作る

まず、ペットボトルの四方の側面にスズメバチが入るための入口を作ります。

スズメバチトラップの画像8

穴の大きさは約20mm四方の四角形で、ペットボトルの底の方に誘引剤や捕獲したスズメバチが溜まることを考えると、穴を開ける位置はなるべく上の方(底から20cmほどの位置)が良いのではないでしょうか。

入口となる穴は、実際に開けてみると小さく感じるかもしれませんが、あまり大きくし過ぎるとせっかくトラップに入ったスズメバチが簡単に逃げ出してしまいます。体の大きな女王蜂がギリギリ入ることができて、簡単には逃げ出せない大きさの穴と考えると、20mm四方くらいがちょうど良いのではないかと思います。

次に穴の開け方についてですが、ちょうどアルファベットの「H」の文字を描くような感じで一辺が約20mmの切り込みを入れます。

スズメバチトラップの画像6

その後、上半分を外側へ下半分を内側へと折り曲げます。この時、ペットボトルの表面の形状によっては真っ直ぐに折り曲げられないかもしれませんが、そのあたりはあまり気にする必要はありません。

スズメバチトラップの画像7

ペットボトルを吊下げるためのフックを作る

次にペットボトルを木の枝などに吊り下げるためのフックを作ります。この部分は、ビニール紐や麻紐でも構いませんが、今回は耐久性を考慮して手元にあった2.0mmのVA線を使用してみました。針金は、100均やホームセンターなどで売られている園芸用の物でも大丈夫ですよ。

ペットボトルを吊り下げた際に、抜け落ちてしまわないようペンチを使って針金の片側を折り曲げてコブをつくります。反対側は木の枝などに吊り下げられるようにフック状に曲げておきます。

スズメバチトラップの画像9

次にペットボトルキャップにキリやドリルなどを使って針金が通るほどの穴を開け、先ほど作ったフックを通しておきます。

スズメバチトラップの画像10

スズメバチを誘き寄せるための誘引剤を作る

ネットで検索してみるとスズメバチトラップの誘引剤には様々なレシピが存在します。材料に果物系のジュース、酒、みりん、酢などを独自の割合で混ぜ合わせて作った物が多く、皆さんそれぞれに試行錯誤した結果その配合率に行きついたのだと思います。

私も毎年、いろいろな物を混ぜ合わせて試していましたが、今のところ巨峰カルピスの原液を水で薄めた「濃い目のカルピス」が簡単で効果も充分なように思います。作り方は、とっても簡単で通常カルピスの原液を4~5倍に薄めるところを2倍にして使用しています。

スズメバチトラップの画像12

実際のところカルピスの濃さはお好みで結構だと思いますが、経験上、カルピスをケチってあまり薄くするとそれに比例するように効果も薄まるように感じます。誘引剤の量は、雨が吹き込んだりして量が増えることも考えられますので2リットルのペットボトルに対して300mlほどもあれば良いでしょう。

出来上がった誘引剤をジョウゴなどを使ってペットボトルへと注いでキャップを締めればスズメバチトラップの完成です。

スズメバチトラップの画像11

スズメバチトラップを設置する場所

さて、あとは完成したスズメバチトラップを設置していくわけですが、どのような場所に設置したら良いのでしょうか。私は、以下のような場所を目安に設置するようにしています。

  • 毎年、頻繁にスズメバチが立ち寄る庭木の枝。
  • 以前、巣を作られたことのある場所の近く。
  • 風通しが良く、適度に日当たりの良い軒下。

普段の生活の中で人の往来のある場所に設置する場合などは、できるだけ人の頭の高さよりも高い場所に設置するようにしましょう。通りすがりにオオスズメバチとニアミスするなんて考えただけでも恐ろしいですからね( ̄▽ ̄;)

我が家では、いつも庭木の中で比較的背の高い百日紅(さるすべり)や樫の木の枝に設置しています。

スズメバチトラップの効果は?

私は、けっこうズボラな性格ですのでいつも設置する時期が遅れたり、作り方もかなり適当な作りになってしまいますが、年によって差はあるもののそこそこ捕れます。

ちなみに、2018年は4月の上旬から庭の2箇所に設置しておりますが、5月上旬の時点で効果は画像のような感じです。誘引剤の上の方に浮いている黒い影はその殆どがスズメバチです。

スズメバチトラップの画像4
スズメバチトラップの画像3

スズメバチに巣を作られないためには・・・

我が家も以前、玄関先にスズメバチに巣を作られたことがありまして、それ以来日常生活に支障をきたす場所に巣を作られないように気にして見るようにしています。

捕獲器で女王蜂を駆除するのも効果的ではありますが、巣を作られたことのある場所や巣を作られると困る場所などにはあらかじめ殺虫剤を吹きかけておくと蜂達も嫌がって定着しないため防止効果があるそうですよ。


いかがでしたでしょうか?捕獲器を設置したからといって絶対に巣を作られないわけではありませんが、少なからず効果はありそうですよね。

スズメバチも自然界の中では大切な役割もあるでしょうし、危険だからといって闇雲に駆除すれば良いというものでもないと思いますが、無益な殺生をしなくても済むように予防策は講じておきたいものです。

スズメバチの巣は、小さなうちは個人で駆除することも可能ですが、大きくなり少しでも危険を感じたら無理をせず速やかに自治体や駆除業者さんに相談しましょう。それでは、最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメント

テキストのコピーはできません。