トヨタ プリウス(ZVW30)のフロントピラーガーニッシュとグローブボックスの取り外し方

ZVW30プリウスのフロントピラーガーニッシュとグローブボックスを取り外した状態

愛車にカーナビを取り付ける際、フロントガラスに地デジ用のフィルムアンテナや場合によってはフィルムタイプのGPSアンテナを貼り付けることになると思うのですが、その他にもETC車載器の受信アンテナやドライブレコーダーなどフロントガラスの上部には何かしらの機器を取り付けることがよくあります。そして、それらの配線の取り回しに頭を悩ませることってありませんか?できることなら、配線の取り回しはスッキリと綺麗にそして目立たないようにしたいものですよね。

先日、知人の車にカーナビを取り付ける機会があり私も同じようなことに悩んだのですが、今回はZVW30プリウスの場合を例に、上記のような作業の際に取り外すことの多いフロントピラーガーニッシュやグローブボックスの取り外しの手順について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フロントピラーガーニッシュ(左・右)の取り外し

まずは、フロントピラーガーニッシュに沿ってついているウェザーストリップを手で引っ張って少し外します。ウェザーストリップを外す範囲は、フロントピラーガーニッシュの上端から助手席側のレジスター(エアコンの吹き出し口)のあたりまでで大丈夫です。

ZVW30プリウスのフロントピラーガーニッシュを取り外す手順

次に、ウェザーストリップを外したことでできた隙間から内張りはがしを差し込みフロントピラーガーニッシュの上側を固定しているクリップを外します。

ZVW30プリウスのフロントピラーガーニッシュの上方を固定しているクリップ

浮いたフロントピラーガーニッシュの隙間から中を覗くと、中間のあたりにテザークリップという黒色のちょっと変わった形のクリップが付いているのですが、これはカーテンエアーバッグが展開した際にフロントピラーガーニッシュが外れて飛んで行ってしまうのを防ぐための物なので、絶対に車体側から外さないでください。もしも、取り外してしまった場合は、面倒臭がらずに新品のテザークリップに交換しましょう。万が一の事故の時に、ピラーガーニッシュがエアーバッグの展開する勢いで吹っ飛んできたらケガをしてしまう危険がありますので・・・。

さて、このテザークリップ、そのままでは引っ張ってもピラーガーニッシュから外すことはできず、かといって強引に引っ張ると車体側から外れてしまいます。では、どのようにして外すのかと言うと先端をテープなどで保護したラジオペンチを使ってテザークリップの根元を90度ほど回転させるとフロントピラーガーニッシュから分離させることができます。

ZVW30プリウスのフロントピラーガーニッシュを固定しているテザークリップの外し方

また、下の画像を見てもらうとわかっていただけると思うのですが、このテザークリップの先端は上下で非対称の形状となっていますので、フロントピラーガーニッシュを元に戻す際には、上下の向きに注意しながらテザークリップを回転させるように気をつけてくださいね。

ZVW30プリウスのテザークリップ

問題発生

・・・と、ここでひとつ問題が発生。今回、作業をしている最中フロントピラーガーニッシュの上側のクリップを取り外したら、そのままでは外れるはずのないテザークリップがいとも容易くポロリと根元から取れてくるでわありませんか・・・( ̄▽ ̄;)

あとで知人に訪ねてみると、このプリウスは中古で購入したそうでカーナビは購入当初から社外品が搭載されていたのだとか。よくよく観察してみると内装もいくつか目立たない所で付いていない物もあり、リアのハッチにいたってはバックカメラが付いているものの車体側へは配線が来ていない様子・・・。

今時、修復歴のある中古車なんて珍しくもありませんし、今回作業をすることが無ければ何も知らないまま乗り続けていただろうとも思うのですが、見てしまった以上そのまま見過ごすわけにもいかないので知人には事情を説明し、テザークリップに関しては後日新品の部品を取り寄せたうえであらためて交換することにしました。

中古車は、購入する以前の素性が解りにくくどこにどんな不具合が潜んでいるかわからないし、特にハイブリッドの中古車はハイブリッドバッテリーの状態によっては購入後にバッテリーの乗せ換えなども視野に入れなくてはならないのでできる限り信頼のおける業者から購入したいですね。

グローブボックスの取り外し

さて、お話が横道にそれてしまいましたが、ZVW30プリウスのグローブボックスを取り外すときには、本来グローブボックス左側面に固定されているグローブボックスダンパーのロッドを取り外すのですが、こちらの車両にはこのダンパー自体が付いていませんでした。どうやら、グレードによっては装備されていないモデルがあるみたいですね。そんなに高価なパーツでもないし標準装備にしてくれればいいのに・・・( ̄▽ ̄;)

ZVW30プリウスのグローブボックス

グローブボックスダンパーのロッドを取り外す手間が省けたので、続いて左右の側面にあるストッパーを片方ずつ外したあとグローブボックスを手前に引き出すとグローブボックスを外すことができます。

ZVW30プリウスのグローブボックスの左側ストッパー
ZVW30プリウスのグローブボックスの右側ストッパー

ちなみに、外す時にはあまり気にならないので忘れがちなのですが、グローブボックス下の蝶番(ちょうつがい)の部分には4つのツメがあるので、グローブボックスを元に戻す時には先に下側のツメをはめるのを忘れないように気をつけてくださいね。

ZVW30プリウスのグローブボックスの蝶番部分

インパネボックスの取り外し

次に、グローブボックスの上にあるインパネボックスを外していきます。まずは、インパネボックスの左上に付いているNo.1 サイドレジスター(上側のエアコン吹き出し口)から外していくのですが、これは画像のように横から内張りはがしを差し込んで手前にスライドさせるように引くと外すことができます。

ZVW30プリウスのNo.1サイドレジスター(上側のエアコン吹出し口)

続いて、インパネボックスの左側に付いているNo.2 サイドレジスター(下側のエアコン吹き出し口)は、下から手を使って手前に引っ張ると簡単に外すことができます。あとは、両手でインパネボックスを持ち軽く揺すりながら手前に引き出すとインパネボックスが外れます。

ZVW30プリウスのNo.2サイドレジスター(下側のエアコン吹出し口)
ZVW30プリウスのインパネボックス

ここまで外せば、オーディオユニットまでの配線の取り回しや配線の余長の処理など、いろいろと作業の自由度が広がります。その他、作業の途中で邪魔になりそうなパーツがあればその都度取り外していけば良いと思います。

ZVW30プリウスのグローブボックスとインパネボックスを取り外した状態


せっかく高機能なドライブレコーダーなどの機器を取り付けても配線がむき出しでゴチャゴチャしていてはどうにも格好良くありませんし、配線の取り回しも趣味だからこそ見えない場所にもこだわってスマートに取り付けたいものですよね。

内装パネルの取り付け方法は、車種によって様々で何だか立体パズルのようですが、最近の自動車の内装パネルは昔の車のような隠しネジなども少なく、作業効率を高めるためにクリップなどで固定されているものも多いので、一度外し方を覚えてしまえば次回以降は簡単に取り外すことができるようになります。今回ご紹介したプリウス以外の車種についても、内装パネルの取り外し方法はネットを検索すれば情報もたくさん見つかると思いますので是非一度チャレンジしてみてくださいね。それでは、最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメント

テキストのコピーはできません。