エリアトラウトにちょうど良さそうなスプーンとワレットのセット『Gstream スプーンワレット&Evo-SPOONセット』

Gstream Evo-SPOONセット スプーンのカラーバリエーション

さて、前回はトラウトの管理釣り場に行くために下野の「TURINGMONKEY グレート鱒レンジャー改 SP50」というロッドを購入したわけですが、釣りに出掛ける前にもう少しルアーを充実させてから釣行に臨みたいと思い、管理釣り場の入門用にちょうど良いルアーのセットなどはないものかと探していたところ、なかなか良さそうなスプーンのセットやクランクベイトのセットなどがありましたので試しにいくつか購入してみることにしました。

まず今回は、30枚のスプーンとワレットがセットになっている「Gstream スプーンワレット&Evo-SPOONセット」についてご紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「Gstream」って?

「Gstream」というブランド名は私も耳にしたことがなかったのですが、オフショアのタックルをメインに取り扱っている「Gokusupe(ゴクスペ)」というブランドを展開しているPureTec株式会社さんが新たに立ち上げたトラウト用ルアーのブランドなのだそうです。

セットの内容は?

今回購入したのは、2.0g、2.5g、3.0gのスプーンがそれぞれ10色セットになったものと、さらにそれらを収納するためのスプーンワレットがセットになった「Gstream スプーンワレット&Evo-SPOON 2.0g+2.5g+3.0g 各10枚入 スペシャルセット」というセットを選択しました。

Gstream Evo-SPOONセット パッケージの外観

カラー

2.0g、2.5g、3.0gのそれぞれのスプーンのカラーは、シルバー、ゴールド、ライトグリーン、ピンク、イエロー、ブラウン、レッド、ディープグリーン、オレンジ、ブラックの10色がセットになっています。イエロー、ライトグリーンなどのアトラクター系のカラーから、ブラック、ブラウンなどのダーク系のカラーまでバランスよくセレクトされているのでまとめて揃えるにはありがたいですよね。

Gstream Evo-SPOONセット スプーンのカラーバリエーション

寸法

スプリットリングとフックを除いたスプーン本体の寸法は、全長が約31mm、幅が約13mmとエリアトラウト用のスプーンとしてはやや大きめのシルエットではあるものの、小さなルアーに慣れていない入門したての方の場合、ルアーの視認性ということを考えればちょうど良い大きさと言えるのではないでしょうか。

まずは、このセットでキャストなどのルアーの基本的な扱いに慣れてから、徐々に小さく軽いルアーにシフトしていっても遅くはないのではないかと思います。

2.0g、2.5g、3.0gともにスプーンの全長と幅は同じ大きさで重さによってそれぞれ厚みが異なっています。スプーンの裏側には重さを表示する刻印などはなく、それぞれのスプーンの重さはボディーの厚みから見分けることになると思いますので、慣れないうちは重さがゴチャゴチャになってしまうかもしれません。

標準装備のフックについて

フックは、メーカー不明で大きさは4番かそれ以上の大きさのシングルフック(バーブレス)が装着されており、フックの線径は約0.72mmと少し太めの物が装備されています。大きめのトラウトや渓流も視野に入れたうえでのフックセレクトだと思いますが、アタリの渋い状況などでは線径の細めのフックに交換するなどの対応が必要になりそうです。

スプーンワレット

セットに付属しているワレットの外観はエナメル調の素材で出来ており、わりとしっかりとした作りになっています。ファスナーを開けた内部には、スプーンの収納部分が6面あり通常のエリアスプーンなら約50枚を収納可能な容量があります。2.5gと3.0gのセットはそれぞれ個別包装になっていますが、2.0gはあらかじめワレットの中にセットされた状態になっています。

また、ワレットにはカラビナが付属しており、ベルトまわりやカバンなどにぶらさげて使用することも可能です。

Gstream Evo-SPOONセット スプーンワレット
Gstream Evo-SPOONセット スプーンワレットの収納例


エリア用のスプーンを揃える際は、よく何色を買えば良いのか迷ってしまいますが、そのような時には、このようなセットで基本のカラーをまず揃えてしまい、その後釣行を重ねながらそれぞれの好みに合わせて買い揃えていくというのもひとつの方法かもしれませんね。

実際に使用してみた使用感などについては、また管理釣り場に行った時などに確認してからご報告したいと思います。それでは、最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメント

テキストのコピーはできません。